INDIES.SNOW.APPAREL.BRAND style MOVE
グラトリ&JIB style PV style 秘蔵映像
        ←左側メニューの「シークエンス」にも『プチ動画』はあります。
Google
Web 検索 Style Project ※910 サイト内 検索
          ☆☆☆ 最新記事 ☆☆☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメージしてみてください。
肩幅より広めに足を広げ。【ステイロー】 低い姿勢 に構えて、重い物(ビア樽など)を抱えているのをイメージ(又は重い物を実際に抱えてみてください)
スノーボードで滑っているのをイメージして横を向き
野球でバッターが足を地面に捩じ伏せるように・・・足首(アングル角度)の調整をします。
それが自分にとって一番バランスが取れるスタンス幅&アングル角度です。

電車などに乗ってる時・・・膝と足首が曲がっていないとバランス取れないですよね?
それは、棒立ちに近い状態(私生活で歩く時など)ではヒール側に体重が掛かっているからです。
BOXでヒールエッジが抜ける人がそうですね(汗)

スノーボードの時は雪道歩きと同じで、膝と足首は曲げてトゥー側に体重を掛ける。
※トゥー側に意識する事でフラットに踏めるはずです。
大げさに言えば、ふところつくって猫背気味でキッカーに入って行く姿(【ステイロー】低い姿勢)と同じです。
※体重はスネに乗っける感じです。

フリーランでも同じで、膝をある程度曲げて膝に余裕がないと踏ん張る事も出来ないし、加重を抜く事もできないし、瞬時に対応出来なくなってしまいます。
膝が曲がるって事は当然足首も曲げる事になるので、
ブーツ選びのコツはニュートラルポジションを楽に出来るブーツ。ってところかな。
※脚力や体重によっても違います(板の選び方も一言で言っちゃうと体重によります)

あと、スタンス幅より膝の方が出ているガニってるタイプの人。
あまりにもガニってる人(友達に指摘された事がある人)はもう少しスタンス幅を広げた方が良いですよ。
広くて乗りづらいって人の多くは、やはり膝が曲がってません(汗)
※自分も調子の悪い日は低い姿勢を意識(膝を曲げる)するだけで安定しますし。
個々のstyle もあると思うので一言では言えませんがグラトリやキッカーやJIBなどメインに滑っている人に向いていると思います。
とにかく足首が曲がらないブーツはダメです。
AIR中に出尻になってる人・・・膝しか曲げていないからです=自分の力では足首が曲がらない。
すなわち、固いって事です。

もう一度、ご自身の【ステイロー】低い姿勢を意識してスタンス幅やアングル角度をチェックしてみると、この記事を理解してもらえると思います。
同時にブーツの固さも理解出来ると思います。

☆ 他も見る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  
ブログランキング くつろぐランキング JRANK FC2ランキング サイト売買ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://styleproject.blog48.fc2.com/tb.php/155-7f0e1b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
"もっと"簡単ショッピング&nbspStore-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。