INDIES.SNOW.APPAREL.BRAND style MOVE
グラトリ&JIB style PV style 秘蔵映像
        ←左側メニューの「シークエンス」にも『プチ動画』はあります。
Google
Web 検索 Style Project ※910 サイト内 検索
          ☆☆☆ 最新記事 ☆☆☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■デバンがFORUMを去りDCへ

SIAトレード期間中、実を言うとデバン・ウォルッシュがFORUMを去る、ということは直接本人に聞き出していた。しかし、デバンの口からは「間もなく発表があるので」ということで、移籍先ブランドは知らせていなかった。しかし、このSIAを周っていたスノーボード関係者なら、多くの人がすでに知っていた。そして、間もなくデバン・ウォルッシュは DCに移籍したことが発表された。
初日時差ボケの頭でゾンビのようにフサキの後を付いて来たムラッチョもデバンと記念撮影。実を言うとこの時には判明していたのだった!

すでにDCを移籍した大物ライダーのニュースが出ていたが、デバン・ウォルッシュという大御所の移籍話を聞くと、ずっしりとDCの総合スノー・ブランドとしての確立を印象付ける。まさに今年のDCは世界中の多くのスノーボーダーたちの注目を浴びるだろう。だが長年のDCファンやFORUMファンは複雑な思いもあるのでは?

DC SHOEは大御所スケーターのダニー・ウエイとコリン・マッケイが立ち上げたシューズブランドで、二人の頭文字を取ってDC SHOEとした。スノーボード界に生きた我々には理解されなかったかったかもしれないが、こうしてDCの流通が拡大され、また完全にスノーブランドで確立されると寂しく感じる人も少なくないだろう。

そして一方のFORUMは、今年リリースされたDVDのThatが最終イベントかのようだ。次々にそこで注目を浴びたライダーたちが去って行く。ラウリ、イカー、そしてデバン。

デバンのFORUMから、DCへの移籍。あなたはどう思う?





■Quiksilver は、トラビス・ライスとアクセサリー類で複数年契約したことを発表した。最高責任者のボブ・バックナイト氏もトラビスがQuiksilverのファミリーになったことを歓迎した。この契約にはどんな意味があるのだろう?dmk独自の見解として伝えてみよう。
東京ドームでの活躍も記憶に新しいトラビス。世界最高峰ライダーはQuiksilver系ブランドと完全契約へ。

トラビス・ライスが使用するブーツ、そしてスノーボードは、それぞれDCとLibTechである。この2つのブランドは、Quiksilver傘下のブランドだから、つまりトラビスも完全Quiksilver系ライダーとなった。

ここ最近、ライダーたちがDCに移籍する話も、母体にあるQuiksilverの資本力があるのは言うまでもないだろう。以前、BURTON社がFORUM を買収した時に「スノーボード・ブランドをスノーボード以外のブランドには奪わせたくなかった」というような発言があったが、これはあたかも Quiksilver社であったことを考えるのは、dmkだけだろうか。一連のライダー移籍話を聞くと「ブランドの買収が不可能なら、ライダーを奪ってみせる」とでも言っているようだ。もちろんこのことはdmk独自の推測、当てずっぽうである。また、Quiksilver社が悪者という話でもない。社会すべてがこのように動いているし、BURTONもサーフブランドを買収している。

こんなニュースをお伝えしている間にも、次から次へと移籍話がポンポン出て来る。
ともかく、一連の移籍ニュースを見ていると、Quiksilverタイフーンが起きているようでならない。



■シモンがDCとの契約を打ち切ったのは2週間前・・・
■O-matic snowboardsの未来に立つ看板ライダーと思われていたアンドレアス・ウィッグがNitroに移籍
■DCがスノーボードを作ることになった。ラウリ・ヘイスカリ、イカー・バックストローム、アーロン・ビットナーの移籍
■Burtonスノーボードは視覚芸術の発展を担うアンディウォホール財団のデザインボードを発売
■テリエ傾斜70°の壁に挑戦!動画公開!

今週は面白いニュースが続出です。
《参考記事》



他も見る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  
ブログランキング くつろぐランキング JRANK FC2ランキング サイト売買ランキング

↑各ランキング「ポチっ」っとしていってください☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://styleproject.blog48.fc2.com/tb.php/189-23410b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
企業の経営戦略として、企業経営者がイメージづくりから商品製作まで主導的立場を取る。特定のイメージ(=キャラクター)を消費者に打ち出すことが企業戦略の核となる。基本的に日本の業界用語であるため、あまり海外ブランドがこう呼ばれることはない。日本での代表的なキ
2007/05/18(金) 10:29:46 | ブランドを考える
"もっと"簡単ショッピング&nbspStore-mix.com 商品無料仕入戦隊『電脳卸』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。